映画な話

フラガール(ちょっとネタばれ)

 今月は映画づいています。今日も観てきてしまいました。『フラガール』。
 以前このブログでも書いていましたが、特に最初から注目していたというわけではありませんでした。たまたま目にしたチラシのトップにいた岸辺一徳と豊川悦司がなんかいい味出していたので突然『観たい!』と思うに至った作品だったのでした。
 40年も前、東北の田舎町で炭鉱閉山を目の前に一大事業が計画され、しかし当時の常識では到底受け入れがたい(人前でへそ出して尻振って踊るなんて出来ねぇ!…という感じの。)ハワイアンセンターを取り巻く人々の、事実に基づいたストーリーでした。
 ただ、ノンフィクションをもとにしているということで岸部さんと豊川さんの役どころが普通すぎてちょっと拍子抜けしてしまいましたが(笑)。きっとフィクションだったら、『アロハ着て腰蓑つけて勘違いオヤジーズが嬉しそうに踊るシーン』とかあったに違いないと思ってやみません(笑)

 東京からフラダンスを教えるためにやってきたものの地元の人と馴染めずぶつかってしまう先生、ヒロインをフラダンサーに誘ったものの夕張に引っ越さなければならなくなった親友、ヒロインを勘当しながらもやがて女性の新しい生き方に気づいてヒロインの生き方を応援する母親、最初からヒロインを影から応援していた兄、人一倍上がり症で自身がもてなかったのに、フラを薦めてくれた父親の死をきっかけに人前で踊ることを決意したフラ仲間。
 物事が前に動くときというのはこんなにもタイミングがつながるのか、と、変な所に関心をしながら見ていたすが~らでした(笑)
 そして、少しずつ登場人物が成長していき、強い絆で結ばれていくのが見ていて気持ちがよかったですわ。お兄ちゃんとフラの先生とのビミョ~な距離感なんかも楽しめたし(笑)。映画の中ではどうなったかは描かれていませんが、実際ひじょ~に気になるところです。
 話は飛躍するけれど、フラガールに誘って自分はドロップアウトせざるをえなかった親友の早苗、彼女はヒロインにとっての人生のガイド役だったに違いない(-。-)うんうん。そしてヒロインと母親の絶縁状態に一石を投じる重要な役どころをちゃんとになっていたし。

 そして映画終了後、前回売り切れで買いそびれたウルトラマンのパンフと一緒にフラガールのパンフを買って帰りましたとさ(^^)

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

…子供の見るものだとは重々承知。
でも…永遠のヒーロー、ウルトラマンですもの(笑)
随所に昔のテーマソングや懐かしい映像が散りばめられていて、さすがはウルトラマン生誕40周年記念の映画であった。
ストーリーは、まぁ、子供向けです。3分以上たっても何度もウルトラマンが復活したり(笑)光エネルギーを吸い取られつくしてなお強いウルトラ兄弟たちだったり(笑)ストーリー展開もものすごく分かりやすい。しかしスピード感溢れる空中戦は早すぎて何がなにやらおじさんにはさっぱり分かりません(苦笑)。
でも「諦めないで思い続けていれば必ずかなう」というてんつくみたいなメッセージが込められてて、少年がたくましく成長していく様なんかはよろしかったんじゃないでしょうか。
…それにしても、あのコスチュームって昔のやつそのまま使ったのかな?初マンの顔だけハリボテ感に溢れていた(笑)
エンドロールで流れた、羽織袴やタキシードに身を包んだウルトラマン勢ぞろいは一見の価値あり(笑)

UDON

 久しぶりに映画を観てきました~。
 最近、特撮バリバリのアクションガンガンの映画に違和感を感じつつあるわけですが、そういうこともあって今日観てきたのはユースケサンタマリア&小西真奈美主演の「UDON」。
 昔は邦画なんておもんない~と思ってたんですけどねぇ。変われば変わるもんです(笑)
 ストーリーと言えば、うどんを中心にその周りにいる人たちの人生悲喜こもごも、と言ったらだいたいそんなもんなんですが、なんか、いろんなストーリーが混在していると言う感じもしましたな。自分の中でエンディングが3回くらいあったもの(笑)。シンプルな讃岐うどんとは違って、いろんなテイストの話がごちゃごちゃと次々にやってきて、これは多分映画というよりもフジテレビで連続ドラマにしたらいいんじゃないかと思ったのでした。
 それでも小西真奈美は可愛かったんですけどね。出来ればオープニングの時のキャラをそのまま後半まで引きずって欲しかったと言う欲求不満は残らないでもないですが(笑)
 総じて、決して『ハズレ』の映画ではありませんでした。パンフも買ったし♪

そして映画館に行くと、いつもそうなんですが今後気になる映画がまたぞろぞろと…。

まずは今公開されている『日本沈没』。
なぜなら今後上映されるこれのため(笑)
そして『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』。ウルトラマンシリーズ40周年作品なんだそうですな。
さらには『フラガール』。特に目をつけていたわけではありませんが、チラシのトップの部分に岸辺一徳と豊川悦司が冠されていたので「これはきっと面白いに違いない!」と直感しました。
涙そうそう』。これもよさそうです。
あとは『ワールド・トレード・センター』でしょうか。さんざん華氏911911ボーイングを捜せで疑問符を投げつけられているのに、どんなストーリー展開されるのか、ただその一点だけが気になります(笑)

V フォーヴェンデッタ

 スターウォーズ新3部作のナタリーポートマンと、マトリックス3部作やロードオブザリング3部作のヒューゴウィービングが出てる映画ってだけで観てみたいと思った1作(笑)
 ストーリーは第三次世界大戦後、アメリカすら植民地と化し、独裁政権下のイギリスでVと名乗る仮面の男が独裁政権を崩壊させ人民を解放しようとしている中にナタリーが半ば巻き添えを食って手助けをしていくというまぁそんな感じな映画でしたがな(ちょっと違うか??)
 ストーリー展開的には多少「ん?」な部分も無きにしも非ずだったけど、スミスが…じゃなかった、Vが結構クールっちゅうか渋いっちゅうかでカッコよろしかった。
 そしてラストには…やっぱりマトリックスレボリューションを彷彿とさせる「Vだらけ」(笑)

 やっぱりいろいろと突っ込みたくなるところもあるけれど、スティーブンレイの存在は結構良かったな、影の主役だ(^^)


ツッコミ1:Vが独りで演出していた感じだが、ナタリーの髪を刈り上げたのは誰だ?!(^^;)
ツッコミ2:髪を刈り上げられたナタリー。でも1年経っても丸坊主のままってことは髪型が気に入ったのか?!
ツッコミ3:監視体制の厳しい独裁国家内であんなに大量にマスクを発注・宅配したら足着くやろ(^^;)

福井青春物語

こないだこのブログでぇ、おもっしぇえDVDを見つけてもて買ぉつんたっちゅう話したけどぉ、載っけるの忘れつんてたで今書くわの。なんか買おうと思てたわけでなかったんやけど、なんかおもっしぇえのねぇんけやと思ってヤマチク寄ったらぁ、うらを釘付けにしたのがあったんにゃがの。
img20060317.jpg「福井青春物語」。じ~っとガワの絵見てたらぁ…。
「言語:福井弁 標準語字幕つき」
ナンヤッテケ?!
うら、ちっかっぺ衝撃受けての、しばらくDVD握っつんてガワの絵見てたんにゃわ。
ほんで気ぃつくと、じぇんはろてもてたでの(^^;)

ほんで主演が津田寛治さんやざ。結構よ~出てなる俳優さんやがの。今度ガメラにも出てなるんてなしの。ほれまで福井から出た芸能人て五木ひろしか高橋愛ぐれ~でねぇんかなぁと思ってたんにゃけど、いやぁ~、よぉ~やってなる人もいなるんにゃわ(苦笑)
内容はぁ…一応すじはあるんにゃけど、しまいまで「福井の観光ガイドけの?!」っちゅうくらい名所やら「福井っちゅうたら○○やざ」っちゅうもん、ほれからうららにしかわからんやろうっちゅうコネタもぎょうさん散りばめられててぇ、うららんてなもんがおもっしぇがって見れるんてなDVDやったんやって。
今度盆にでも帰ったときにでも、うらんてに県外にいる兄貴らに見せちゃろうかのぉって思てるんにゃ。



(標準語訳)
先日、このブログで面白いDVDを見つけて買ってしまった話をしましたが、アップするのを忘れてました。何を買おうというつもりもなく、ただなんとなく面白いDVDでも出てないかなぁ~?とヤマチクに寄っただけだったんですが、僕の視線を釘付けにしたやつがいたのでした。
img20060317.jpg「福井青春物語」。まじまじとパッケージを見てみたら…
「言語:福井弁 標準語字幕つき」
ナニ?!
僕のボルテージは一気に上がり、しばらくDVDを握り締め、パッケージを凝視してしまいました。
気がつくとレジに立ち、お会計してました(^^;)。

なんと、主演が津田寛治さんですよ。結構メジャーな俳優さんではないですか。今度ガメラにも出演されるはず。今まで福井出身の芸能人といえば五木ひろしか高橋愛くらいなもんだったと思っていましたが、いやぁ、頑張っている人もいるんですね(苦笑)
内容は…一応ストーリーはありますが全編「これは福井の観光ガイドか?!」というくらい名所や「福井といえば○○」というアイテム、さらには福井県民にしか通用しないようなコネタまでふんだんに散りばめられており、県外で暮らす福井県民にとってはノスタルジックな気分にも浸れそうなそんなDVDでありました。
盆に帰ったときに、同じく県外に出てる兄弟たちにも見せてみようと今から考えています。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ