今日はいつもお世話になっているお店、コミュニティトレードアルさんで年末恒例の餅つき&忘年会があり、参加してきました。

img20061229.jpg 午後2時前くらいから、店の前に用意された杵と臼に蒸しあがったばかりのもち米をペッタンペッタン。周りには、参加者+お子ちゃまが群がっています。デリの野菜でお世話になっている農家の山下兄弟のご協力を得て、合計7臼(!)つきあがり。僕が子どもの頃は自分も杵で搗いてみたくて率先して父親に代わって欲しいとおねだりしたものですが、今の子どもたちは意外と「搗いてみる?」と聞かれてもたじろんで(?)眺めているだけ。
 ところがいざ丸める段階になると、餅がそんなに熱くなかったのもあって一気にワラワラっと子供が手を伸ばし出します(^^;)。ほらほら、そんな“素”の手で餅つかんだら手にべったりとついて取れなくなっちゃうぞ~。…という事で、「丸める際には餅にも手にも粉をつけませう」とか「あんこやきな粉に餅を入れるときは粉がついちゃうと絡まないから手を濡らしませう」とか一つ一つレクチャーが始まりました…と言うかレクチャーしないときな粉だらけの手で餅をつかんだり大変なことになるのでレクチャーを始めました(^^;)


 7臼終わって時間は午後4時過ぎ。ここから忘年会の準備が始まります。久しぶりに再会した友人と豆を煮たり重ね煮を作ったり蒸した里芋の皮をむいたりクルミ味噌を作ったり。そうこうしていると午後7時過ぎにはお客さんがだいぶん集まってきました。暗くなってきてから雪も降り始めたということで、早々に、これと言った「仕切り」もなくつまみ食いから宴会がスタート(笑)ご馳走の山です。

img20061229_1.jpg
里芋のクルミ味噌和え

img20061229_2.jpg
宴会スタートのきっかけになったレンコンチップス

img20061229_3.jpg
何も味付けしなくても本当に甘くて美味しい人参

img20061229_4.jpg
重ね煮を投入した熱々のお鍋

 その他にもおやきフライやかぶら寿司、豆おこわなど食べきれないほどの食べ物が並びました。

 その後みんなお腹もいっぱいになったところで今年夏にアルが融資を受けたap bankが主催する野外音楽イベント、ap bank fes'06のDVDに融資先紹介という事でアルさんが収録されていると言うのでみんなで見ることに~。僕もちゃっかり小林武志さんとDVDに納まっておりました(^^;)


 そしてひと段落ついた後、1年3ヶ月で利を担当してきたシェフのあっこちゃんが年内で卒業、来年1月末にタスマニアに1ヶ月旅に出ると言うので用意されたプチサプライズ!アルの店長、お菓子職人、フェアトレードクラブメンバーで数日前に結成本日解散の「プロパンズ」による歌のプレゼント&はなむけの1行詩のプレゼントを…そしてあっこちゃん号泣ぅ~…そしたらアルの代表の娘ちゃん(5歳)もつられて号泣(^^)もう2度と会えないと思ったのかな?それとも雰囲気に呑まれた?

 なんやかんやで途中帰る人もいながらも自分はいつものごとく最後のほうまでい続けて結局家に着いたのが11時半過ぎになってしまいました(^^;)

 明日、実家に帰省する予定です。どうぞ皆様、よいお年をお迎え下さい。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。