スターウォーズ新3部作のナタリーポートマンと、マトリックス3部作やロードオブザリング3部作のヒューゴウィービングが出てる映画ってだけで観てみたいと思った1作(笑)
 ストーリーは第三次世界大戦後、アメリカすら植民地と化し、独裁政権下のイギリスでVと名乗る仮面の男が独裁政権を崩壊させ人民を解放しようとしている中にナタリーが半ば巻き添えを食って手助けをしていくというまぁそんな感じな映画でしたがな(ちょっと違うか??)
 ストーリー展開的には多少「ん?」な部分も無きにしも非ずだったけど、スミスが…じゃなかった、Vが結構クールっちゅうか渋いっちゅうかでカッコよろしかった。
 そしてラストには…やっぱりマトリックスレボリューションを彷彿とさせる「Vだらけ」(笑)

 やっぱりいろいろと突っ込みたくなるところもあるけれど、スティーブンレイの存在は結構良かったな、影の主役だ(^^)


ツッコミ1:Vが独りで演出していた感じだが、ナタリーの髪を刈り上げたのは誰だ?!(^^;)
ツッコミ2:髪を刈り上げられたナタリー。でも1年経っても丸坊主のままってことは髪型が気に入ったのか?!
ツッコミ3:監視体制の厳しい独裁国家内であんなに大量にマスクを発注・宅配したら足着くやろ(^^;)