昨日のブログでもちょろっと書きましたが、今日は砺波のまみあなで一緒に自然農をずっとやってきたT君が実家に帰って本格的に農業をするということで、そのお別れ会というか旅立ちを祝う日だったので、僕も久しぶりに顔を出しました。
思いのほか金沢の国道が込んでいて到着したのが夕方の4時過ぎ。
すでに大勢の仲間が居間で美味しそうなご馳走を囲んで談笑していました。このところずっとまみあなには顔を出してなかったので懐かしい顔ぶればかり!老若男女入り混じり、まるで盆と正月と法事と結婚式と同窓会がいっぺんに来たような、遠い親戚が全員揃ったぞ的な、そんな大所帯っぷりが繰り広げられていたのでした。

当たり前のことなのですが…

子供たちがでかくなっている!!

幼児が子供に、少年が青年になっていました…。時の流れってなんかすごい…。
そりゃあ、僕もひげ生やしているし、みんなもびっくりもするだろうけど(^^;)

しばらくまみあなを離れて忘れかけていた、そこに集う人達とのつながりの深さというか相変わらずな部分は相変わらずだし、そんな感覚がよみがえってきてとても居心地のいい時間をすごすことができました。本当にみんなにありがとうを言いたい気分です。
これでガソリン代がもう少し安くなってくれればもうちょっと足しげく通えるのに…(^^;)

そしてふ~らさんにも久しぶりに会えたので、自分のオーラの色をちゃっかり見てもらったりもしました(^m^)
その時々でオーラの色も変わるのだそうですが、そのときの僕の色はブルー系でした。
そうこうしているうちにまた次から次へとご馳走が並び、飲み会の本番がスタート!(6時過ぎでしたが集まってきた人は順次午前中から呑んでいるんだとか…)
呑んで、飲んで、笑って、食べて、また笑って、飲んで…。ここにいるといつもそうなのですが、そんな時間がゆっくりと過ぎていきました。
夜になると決まって誰かがギターを出してきて弾き始めます。それに合わせてみんな歌いだし、いつのまにか大合唱。そんな時間が深夜の0時頃まで続いていきました。

今年は去年よりもう少しまみあなに足を運ぼうかな!