数週間前からのっぽ君に誘われ、いろんなところからの噂を聞いて「これはぜひとも参加せねばっ!!」と思っていたイベント、お米の松本さんのところで毎年行われる味噌作りの日!
9時に野々市を車3台で出発し、2時間かけて奥能登へ!
到着してまず、「あったまって腹ごしらえして~」と出されたのは炭火の焚かれたU字溝に乗せた金網に大量に乗せられた、「1時間前獲れたばかりの牡蠣」でした!焼き牡蠣!!
yakikaki.jpg

そして片っ端から開くビール、日本酒、ワイン…それで終わりかと思ったら土鍋に日本酒と出汁昆布を入れてコトコトした中に牡蠣をくぐらせてポン酢でいただく牡蠣しゃぶ!
kakishabu.jpg
すっかりおなか一杯になりました。
…と思ったら怒涛の中華おこわの誘惑。そして自然薯のすりおろし。これが甘いっ!!
さらに出てくるは豆おこわ・・・いったいどれだけの美味しい物が出てくるのだろう…???
困惑とうれしさとでおなかはぱんぱん、しかしそれでも箸が伸びる(^^;)
「牡蠣が食べられない人の為」?ハチメやその他の焼き魚三昧ご登場。
yakizakana.jpg

どうなってるのなんてもう考える余地はありません。今日、この場はこういうイベントなのだ。
さらに見たこともないお肉までも焼かれ・・・。
shikaniku.jpg
ちょっと画像が悪いけど、何の肉やと思います?味付けはされていたものの、逞しい噛み応えと野趣溢れる豊かな味わい。鹿の肉なのだそうです。丹波から届いたとのこと。
もうおなか一杯どころではありませんでした。
さらにとどめは牡蠣汁と牡蠣ご飯……。
3日分くらい食べた感じです(^^;)
すっかり満腹になってお酒も回って肝心の味噌作りの時間にはグロッキーでした(^^;)
お世話になった松本さん、それから一日運転手してくれたのっぽ君、ありがとうございましたっ。