2006年08月

無性に

時々食べたくなる、豚バラ定食。
ってことで、今さっき自転車をこいで香林坊まで行って宇宙軒食堂に行ってきました(笑)
そして一度は試してみたかった、「豚バラ定食W大」を注文(笑)
たいしたもんです。ご飯大盛りが50円増しだなんて今どきそんな良心的なお店は少ないでせう。
ただひとつ、たったひとつ、心残りだったのはマイ箸持参し忘れたこと(--;)
今度から気をつけますm(_ _)m

まみあな

 かつてガソリン代がレギュラーで100円程度だった頃、週末になると足しげく通っていたまみあな
 このところの石油の高騰と、地元でも活動できる場所を見つけたためとでしばらく足が遠のいていました。

噂では、来年以降まみあなが移転するとか…。

 そんな中、久しぶりのまみあなミーティングの声がかかったので参加することにしたのでした。
 久しぶりのまみあなは、それこそおじいちゃんちに来た様に懐かしさと独特の落ち着きのある雰囲気がありました。車を停めたらちょうどマリちゃんが出てきたところで、畑に案内してくれました。「ちょっと見てみて~~!!」といった先には、たくましく(どうやって上ったか不明な)夕顔のつるがキウイの樹の天辺まで這い上がり、空中に大きな実を誇らしげにいくつもぶら下げているのでした。
img20060821.jpg

 これを薄く剥いで天日干しにしたものがかんぴょうになります。彼女は今かんぴょう作りにはまっているとのこと。自分で食べたいものをいつでも自分で作れる技能があるということは素晴らしいことですね。天日干し中の大きなざるを抱えて屋敷の中に入りました。屋敷林に囲まれているために窓を開ければ風が絶えず部屋を渡り、とても快適。クーラーも扇風機も要りません。

 結局この日はミーティングといっても参加人数が総勢3名で(それでも懐かしい顔に会えたのには変わりありません)、今後の予定を決めて後は雑談になりました。自家製のシソジュースをご馳走になったり、ネルドリップのコーヒーを淹れたり。ゆっくりと居心地のいい時間が流れていきました。

 夕方、彼女に「すが~ら君、Rちゃん、この花なんか分かるけ?」と聞かれました。
img20060821_1.jpg「線香花火みたいだね~」とみんな口々に感想をもらし、でも何の花か分からずにいました。皆さんはわかりますか?

聞いたところによると、ウドの花なんだそうです。初めて見ました。とてもかわいい。ウドは根っこでも増えますが、花のあとの種でもちゃんと増えるんだそうです。こういう、小さなことに感動できるゆとりのある生活を、自分も自分の世界の中で創り上げていきたいなぁ…。

純君に一口の水を

 友達のブログを読んでいたら、とてもショックな記事があったので転載許可を得て書き込んでいます。かなりの長文ですが、是非読んでみてください。この記事を読んだ時、心が痛くなって思わず自分も署名をしました。

 障害のあるこどもに対して、「学校は勉強をするところで、生活の介助は先生の仕事ではない」という理由で、水を飲ませることも断っている学校があるというのです。この学校では、生徒が倒れたり意識を失ったりしても「先生の仕事ではない」の一言で救急車も呼ばないのでしょうか?悲しくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成田市の小学校では、障害をもつ子どもの「介助」はしないという方針が徹底されているために、純くんは給食を食べさせてもらえず、一口の水を飲ませてもらうことさえ拒否され続けています。だから、純くんはどんなに喉がかわいても、我慢しているしかありません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



気になる方は、どうぞ最後までよんでみてくださいませ。


・純くんに、ひと口の水と、あたりまえの学校生活を求める署名
--------------------------------------------------------------------------------
-【署名趣意文】


 成田市立公津の杜小学校3年2組の渡邊純くんは、重度の障害がありますが地域の普通学級の中で、大好きな友だち、大好きな担任や補助の先生に囲まれて、学校生活を送っています。


 しかし、成田市の小学校では、障害をもつ子どもの「介助」はしないという方針が徹底されているために、純くんは給食を食べさせてもらえず、一口の水を飲ませてもらうことさえ拒否され続けています。だから、純くんはどんなに喉がかわいても、我慢しているしかありません。隣には、担任の先生もいるし、養護補助員もいます。時々、養護教諭や教頭先生も様子を見に来てくれるけど、教職員の介助行為を禁止しているので、純くんは、ただ、黙って我慢しているしかなく、給食の時間には母親が学校に通っています。




 成田市の小学校は、養護学校とは違うので、純くんの生活介助はしないと言います。授業の配慮はするけれども、水を飲むことや、ご飯を食べることは、先生の仕事ではないし、学校の仕事でもないと言います。保育園の時には、先生たちが普通に行っていた行為であっても、小学校は違うと言います。生活介助は、入学以来、成田市教委が拒否し続けていることではありました。しかし、保護者が付き添いを辞めた後、新しく付き添った養護補助員は、自然な関わりの中で水分補給を行っていました。ところが、市教委は、2年生の終わりにそれを再度禁止しました。


 そのため4月以降、純くんは休み時間に水分をもらえないまま過ごしていましたが、成田市教委は3月に養護補助員に水分補給を禁止していたこと、その経緯について保護者に一ヶ月以上、何の説明
もしませんでした。


 5月の終わりに、純くんは体調をくずし入院しました。病気そのものは、水分が原因かどうかはわかりません。でも、純くんが、それまでふつうに飲ませてもらえていた水をもらえなくなったこと、そのことに不安を感じて過ごしていたことは明らかなことです。


 身辺自立のできていない子どもの世話は、学校の仕事ではなく、親が学校にきて面倒みるべきであるという、成田市の姿勢が、純くんの安全と命と人への信頼を脅かしているのです。


 純くんの友だちに翔ちゃんという同い年の男の子がいました。翔ちゃんも、自分では給食を食べられないので、入学から1年半の間、母親が毎日付き添いました。そして、補助員が配置された後に付き添いを辞めました。すると、お母さんが付き添わないなら、クラスの友だちと一緒に給食を食べさせられないと言われ、翔ちゃんは、ひとりだけ職員室へ連れて行かれるようになりました。障害児は、みんなと一緒に食事をするという楽しみを奪われても仕方ないという「教育」を、成田市は子どもたちに見せました。翔ちゃんもクラスの子どもたちも、辛く悲しい思いをしました。


 今年4月、翔ちゃんが福岡に引っ越しました。新しい小学校では、お母さんが付き添ったのは一日だけでした。校長先生は、「お母さんのやり方を見せてもらって、安心しました」と言いました。翌日から、翔ちゃんは、毎日、友だちのいる教室で、みんなで一緒に給食を食べています。嬉しくて飛び跳ねながら、みんなと給食を食べています。


 片島小学校の廊下には、「一人じゃないよ 一人にしない 友だちだから」というポスターが貼ってあります。新しい小学校では、差別されず、「できないこと」には当たり前に手をかしてくれる先生たちの中で、翔ちゃんが笑顔で友だちと過ごしているのを見ながら、翔ちゃんのお母さんは思っています。成田ではなぜあれほど親子で苦しまなければならなかったのか。成田市の小学校が、翔ちゃんと子どもたちに教えようとしたことは何だったのか。


 「一人じゃないよ 一人にしない 友だちだから」 その言葉を見るたびに、お母さんは思います。
学校のなかに、子どもの心を感じるあたたかい大人がいることがどんなに嬉しいことか。子どもたちの教育は、みんなが安心できる生活の先にあることではないのかと。


 しかし、成田市教育委員会は、今も障害児の介助は普通学校の仕事ではないと言います。だから、純くんはいまも苦しんでいます。そして、成田市では、これから、小学校に入学してくる障害児も、これから生まれてくる子どもたちにも、「自分でできないなら、みんなと一緒の扱いはしない」という教育を行なおうとしているのです。


 私たちはそれを認めることがどうしてもできません。


 純くんの「水分補給」について、6月に教育委員会と話し合いを行いました。しかし、市教委の担当者は、半日飲まなくても、命に関わるかどうかは分からない、これから暑い日であっても水を飲ませることはできないと言います。「脱水症状になったり、具合が悪くなったらどうするのか」との問
いには、「そんなことまで想定して考えなかった」と。たとえ救急車を呼んでも、その間に水を飲ませることさえも、考えていないのです。親にとってそれは、水が飲めなくて苦しい思いをしている子どもの命が危険にさらされても、放っておくという冷たい回答でした。


 子どもの命、子どもの安全ということについて、学校が、このような姿勢でいいはずがありません。
このことは純くんひとりの問題ではなく、また障害児の問題でもなく、すべての子どもの命と安全に関わる教育と人権の問題です。その上で、いま一番援助を必要として苦しんでいる子どもの願いに対して、成田市がどのような姿勢を示すのかが問われているのです。純くんや翔ちゃんへの、先生たちの姿勢を、子どもたちは見ています。


 障害のある子どもは養護学校に行けばいいという基準だけで、子どもの生活を考えるのではなく、いま現実に学校のなかで、一番困っている子どもを見捨てない教育の実現を求め、私たちは、以下の事項を心より要望いたします。



1・渡邊純くんの水分補給を行ってください。
2・渡邊純くんが、親の付き添いなしで安心して学校生活を送れるように成田市教育委員会と学校全体での取り組みを進めてください。
3・子どもの命と安全に関わる上記要望を速やかに実現させるため、成田市における子どもの人権についての基本姿勢を明らかにしてください。

成田市長 小林攻様 

渡邊純くんの親の付き添いをなくす会・代表 渡邊光



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記のフォームからご署名いただくことができます。
都道府県、年齢は問いません。是非一人でも多くの方にご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。
なお、このサイトからの署名は、署名用紙への自筆署名と同様に扱われます。署名が重複しないようご注意ください。
※この署名に関するお問い合わせは、こちらまで。chiba-tomoni@mbm.nifty.com
署名用紙はこちらからもダウンロードできます。 http://homepage2.nifty.com/chiba-tomoni/
(第一次集約 8月31日:第二次集約 12月31日)

夏~秋

今日は局地的に雨が降ったらしい。
自分は家に閉じこもっていたのであまり分からなかったが、それでも道路は濡れていなかったので自分ちの周りは降ってなかったんだろうな。
梅雨が明けてから、連日猛暑で暑い日が続き、夏の訪れをいやというほど実感させられてきたけれど、夕方になると結構涼しくなる。そして虫の鳴き声も次第に静かで、涼しげに変わってきているのに気づく。やはりお盆を過ぎると夏は終わりを迎えて秋がやってくるのだなぁ~…。

ひよこ豆の観察日記8

夏!連日暑いです!
そして今日、ようやくひとつ、ひよこ豆を収穫してみました!
img20060811.jpg
まるで卵のようなさやに収まっていると思われるひよこ豆。割ったらどんな感じになってるんでしょうねぇ。

img20060811_1.jpg
じゃ~ん!!
ちょっと小ぶりだけど、まごうかたなきひよこ豆の形をしています。
「おぎゃあ」って感じですね。

img20060811_2.jpg
無事に育ってくれてありがとう!!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ